2009年12月アーカイブ

 

さて・・。また一年が終わって始まろうとしていますね。。

一年の計は元旦にありと言いますが、

きっと皆さん年末から新しい一年に思いをめぐらせているのではないでしょうか。

 

私は毎年抱負を考えます。

時には6月位になると 「私今年の初め何て言ってましたっけ??」って人に聞いたりするのですが・・。

 

来年の抱負は・・・これは今年の半ばから実行してきたのですが、

与えて頂いた機会を大切にする。 です。

何か機会があれば、いつもより少し手を伸ばしたり、足を伸ばしたりしたいなーと思っています。

その他、単に楽しみたい事など、やりたいこともありますし。 

もちろん、お客様のお洋服を精一杯お直しさせて頂くという事も!

 

本当に、大変お世話になりました。

来年も宜しくお願い致します。

皆さま、良いお年をお迎え下さい☆

 

 

 

               いつもドレスを持って来て下さるお客様。

               久しぶりに御来店下さり、着丈を短くさせて頂きました。

               クリスマス用にご用意されたそうです。

 

               そういえば何気にクリスマスカラーですね☆

グリーンピンクミニOP.jpg

 

チェックコート編集小.jpg

            ダッフルコートの丈を短くさせて頂きました。

            40cmバッサリ!

            ショートの方がしっくりきます。

            チェックも更に効いてるような感じがしますね!

荒野へ

| トラックバック(0)

 

Into The Wild という映画を見ました。

大学を優秀な成績で卒業し、未来あるはずの青年が全てを捨てて旅に出る。実話です。

 

Now I Walk   Into The  Wild.

何が彼を荒野に駆り立てたのでしょうか。

荒野に立ち向かう青年の姿は勇ましくもあり、痛々しくもあり。

それは正しいとか正しくないとかじゃなく何者にも止められない内なる何かのようで。

荒野は彼自身のようで。。

 

何かの本で読んだのですが、人間は昔生きるために身体を使う生き物でした。

食べる為に身体を使って働き、食べて、睡眠を取る。合間にささやかな楽しみがある。 

シンプルですね。

ところが生きるために頭を使う生き物になりつつあり、

それが動物としての人間のバランスを崩していると。

 

頭で物事を深く考え過ぎる彼は、

荒野に自身を投げ出す事で精神と身体のバランスを保とうとしたのでしょうか。

 

心を打たれました。。

映画を見ていて疲れてくると、早く終わらんかなとか思ったりするのですが(  コラ!)、

最後まで食い入るように見てしまいました。

映像も本当に美しくって!

良い映画でした。

 

 

リップ柄ワンピ小.jpgシルクのワンピース。

リッププリントとアームのフリルが素敵です。

写真では見えないですが、

切替のデザインも入っていて、凝ってます。

着丈を短くさせて頂きました☆

お客様に商品をお渡しして、

家に帰ってテレビを見てびっくり!

A-Studio という番組で、

アシスタントのモデルさんが同じワンピースを

着てらっしゃいました!

シチジョウ各店では、下記のお直しを受付させて頂いております。

 

ジーンズ/パンツ ・・・・・・・・・ 丈つめ、裾のダメージを残しての丈詰め(はりつけ・はさみこみ)

                   裾幅つめ、わたり(太もも)つめ

                   ドットボタン付け・取替え、ファスナー取替え

                   ウエストつめ etc・・・。

スカート/ワンピース・・・・・・・・ 丈つめ、ウエストつめ、裾幅・身幅つめ

                   ファスナー取替え、肩ひもつめ etc・・・。

ジャケット/コート/シャツ・・・・・ 着丈つめ、袖丈つめ、

                   肩幅、身幅、袖幅つめ  etc・・・。

                              その他の事でもお気軽にご相談下さい☆

 

 シチジョウは大阪(天満・心斎橋・梅田・大正・岸和田・南港)、京都、

 神戸(三宮・花隈)・姫路・福岡・金沢にございます。

 大阪市内でしたら天王寺・難波・京橋など主要駅からも近く、とっても便利です。

 お近くのシチジョウ各店をどうぞご利用下さい!

 

近頃、 「Recessionista」 リセッショニスタという言葉が話題になっているようです。

景気後退を意味する Recession と、お洒落に敏感な人を意味する Fashionista 

を組み合わせた造語です。 

 

景気に影響を受けずに自分らしいスタイルでファッションを楽しむ人という意味のようですね。

あるドラマでは高価な洋服と安い洋服を合わせるミックスコーディネートを取り上げていましたけど

ミックスしたり、ちょっと手を加えてリメイクしたり。

 

リセッショニスタ。意味通り不景気だからこそ生まれた言葉ですね^^

苦しい状況の中から、新しい価値観やスタイルが生まれる。

何だかファッションには無限の可能性があるみたいです。

同時に自分らしいスタイルで自分の好きなファッションを楽しむ、という原点に

返らせてくれる言葉でもありますね☆

 

十年後にはまた新しいファッション造語が出来ているのでしょう。 その時の状況に応じて。

 

 こんな話をしていたら心斎橋のスタッフが、

「 じゃあ私たち貧乏だからリセッショニスタになれますね!!」って^^。

そういうものでも無い気はするけど・・^^ でも私たち、本当に既にリセッショニスタやってました!

自分たちの好きなスタイル楽しんでますから!

 

寸法直しという仕事を始める前は、少しサイズの合わない服を買って

結局着なかったり。サイズが合わないからと思って買うのを諦めたり

していました。

私の友達でも、洋服のお直し屋さんを利用したことのある人の少ないこと!!

あまりパンツをはかない友人なんて、お直しとかしたこと無いとか言うんです!

そんな人でも絶対1着は埋もれている洋服があると思うんだけど。。

心斎橋のお店でも、今までお直ししたことないんですって言って

持って来られるお客様がいらっしゃいます。

そして1度お直しすると、ハマっちゃいます。 リフォーム、リメイクに。^^

洋服って、プリントやデザインも大事だけど、やっぱりサイズ!

自分に合っているサイズ・シルエットならシンプルな服でもキマルものです。

そしてそれだけで楽しくなっちゃうのです。

シチジョウ各店、お客様のウキウキ・わくわくの素でありたいですね。

 

メインサイトはこちら